fc2ブログ

河野工務店 頑張る営業マンLIFE

関西を中心とした、地域情報・グルメ・売買・賃貸・不動産・リフォーム・土地活用・文化遺産などをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

床の間のちょっとした説明

こんにちは、営業の中川です。今回は、床の間のちょっとした説明をさせて頂きます。

床の間

床の間のは、和室の構成要素の中でも最も伝統的な法則があります。

四季を演出し、お客様を迎える「顔」でもあるため、床の間を背にして座る位置が上座です。

● 床の間の向き

  床の間はお客様を迎えるのに、一番いい部屋に設けるものです。床の間が東か南に向くように設計します。

● 床脇棚

  ・違い棚

   違い棚は、床脇棚の代名詞ともされるものです。高さの違う棚を2段組み合わせるものですが、床に近い側が高い方の棚となります。狆潜り(床柱の後ろの開口)から取り入れた光をさえぎらないためです。

   また、元来、違い棚には置くものが決まっていました。

   高い棚・・・冠・香炉・筆

   低い棚・・・鳥帽子・壺・印判・巻物・書物・硯箱

   高い方の棚の中央側には、置いた筆が転がって落ちないように「筆返し」が取り付けられ、現在も装飾として残っています。

違い棚には、天下の三大名棚があります。

   ①醍醐棚 三宝院奥宸殿の違い棚

   ②霞棚  修学院離宮

   ③桂棚  桂離宮

●床脇との位置関係

   ・上図は本勝手

    床が左側で床脇が右側にくる。採光は左側からとなります。

   ・逆勝手

    床が右側で床脇が左側にくる。採光は右側からとなります。




*******************************************************
賃貸・テナント・売買・リフォーム・管理・土地活用なら
河野工務店
大阪市北区浮田2-1-3MBCビル2F
TEL 06-6486-2470
FAX 06-6486-2478
営業時間 9:00~19:00 定休日 水曜日
HP :ホームページ
E-mail: こちら 
お部屋探しはこちら
*******************************************************
   にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ にほんブログ村 住まいブログへ
↑↑↑↑↑↑↑ポチッ!と一日一回お願いしますm(__)m
ブログランキング参加中‼


関連記事

| nakagawa | 15:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tansinawaji.blog108.fc2.com/tb.php/595-4a504ea6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT